奈良市社会福祉協議会*
トップページ>権利擁護センター推進事業

*権利擁護センター推進事業

*
 認知症、知的障がい、精神障がいなどによって物事を判断する能力が十分でない方の権利を守る制度として成年後見制度があり、年々制度を必要とされる方が増えてきています。
 今後、期待されているのは、親族や弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門職と同様に市民が後見人となる市民後見制度の推進です。市民後見人は、市町村などが養成を行い活動の支援体制を構築する事が求められています。
 奈良市では平成24年度よ市社協が市からの委託を受け、支援体制の構築を図るための権利擁護システムあり方検討委員会の設置、成年後見制度に関する市民意識調査の実施、成年後見制度普及講演会の開催、市民後見人養成講座(基礎研修・応用研修)の実施、「なら高齢者・障がい者支援研究会」を開催しています。
なら高齢者・障がい者支援研究会ご案内
PDFファイルでダウンロードしてご覧いただけます
 ・なら高齢者・障がい者支援研究会チラシ
アクロバットリーダーダウンロード(必要な方は、こちらよりダウンロードしてください。)
◆厚生労働省市民後見推進事業ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/shiminkouken/index.html
* 〔お問い合わせ・申し込み〕
奈良市社会福祉協議会
生活支援課福祉サービス支援室
電話:30−2525
FAX:30−2323
↑このページのトップへ戻る。
*

Copyright © 2003 奈良市社会福祉協議会. All Rights Reserved
E-mail: hureai@narashi-shakyo.com